Independent Tokyo 2021 TOKYO PORTCITY TAKESHIBA 2021.8.7‐8.8

artwork by Hitoshi Tsuboyama

Independent Tokyo について

Independent Tokyoとは、若手の新進アーティストが自身のアート作品を展示販売することができるブース出展型のアートイベントです。若手アーティストの登竜門として、作家のキャリア支援を目的としています。 イベント会場では新作が発表されるだけでなく、ギャラリストが自分の画廊で展示する作家を探す場でもあります。今回のために選ばれたギャラリスト審査員が丁寧に作品を評価していきますので、出展作家にとっては次のキャリアにつなげる重要な機会となります。さらに個展のチャンスなど、今後の展開も全面的に支援いたします。 新型コロナウィルスの影響で活動自粛や作品発表の機会を失ったアーティストを支援するために、アートイベントの主催者として、少しでもアーティストが世の中に出ていく機会を増やしていければと思っております。

株式会社タグボート 代表取締役 徳光健治

Independent Tokyo 出展のメリット

1. グランプリに賞金 10 万円

ギャラリスト審査員が丁寧に出展作品を評価していきます。 グランプリ受賞者には賞金 10 万円、準グランプリには賞金 5 万円が授与されます。

2. 個展の開催

出展者の中から選ばれたアーティストは、阪急MEN’S TOKYO タグボートgalleryにて無料で個展を開くチャンスが与えられます。

3. 著名ギャラリストからのスカウト

会場では約 30 人の著名ギャラリストなどによる審査を予定しております。ギャラリストにとっては自身の画廊で展示するアーティストを探す場でもあるため、ギャラリーからスカウトされるチャンスが期待できます。

4. タグボート作家に選出

Independent Tokyo を主催するタグボートが、直接アーティストをスカウトさせていただきます。取扱い作家になると、オンライン販売、展示やアートプロジェクトにご参加いただく機会をご提供させていただきます。

5. 約1530平米の大規模会場

今年は 2020年 9月に新しくオープンする「東京ポートシティ竹芝」の展示場で開催いたします。会場規模は、一昨年までの Independent Tokyo に比べ 2.5 倍の広さとなります。

-